春のショットガン
 2018-6-23(土)
 いただいたコメントに返信いたしました。とても時間がかかり、申し訳ありません……。なるべく早めに。

 映画
 家でBSが映るようになったので、BSプレミアムの映画を結構見ている。前に見た『夕陽の群盗』はB級西部劇風タイトルで、しかし『クレイマー・クレイマー』のロバート・ベントン監督の作品だから一応見てみるか、と見てみたところ、意外とかなり面白かった。生真面目な家庭に育った青年が徴兵拒否をきっかけに、変なやつらと出会って人生がすっかり変わってしまう。『クレイマー・クレイマー』の監督らしく、丁寧な心情を写し取っていく展開は飽きないし、ちょっと寂しげな荒涼たる景色の映像も魅力的で、かなり面白い映画だった。なんでも見てみるものである。
 前の日曜には神戸映画資料館に行って、ピンク映画を3本見てきた。『真昼の切り裂き魔』『変態家族 兄貴の嫁さん』『白昼女子高生を犯す』の3本立て。
 『真昼の切り裂き魔』は滝田洋二郎監督の作品で、内容も、結構ええーというストーリーで楽しかったのだけれど、いちばん驚いたのは、切り返しのシーンだった。「カットバック」という手法が映画にはあって、まず正面から男性を映す。男「じゃあね」。今度は正面から女性を映す。女「じゃあね」。繋げてみると、「男女が向かい合って、挨拶を交わす」映像に見える。ドラマでも映画でもよく使われる手法である。これが、『真昼の切り裂き魔』では、同じように会話している男女が切り返して映されるものの、カメラが引いて二人が一緒の画面に入ると、彼らは屋上で横並びにしゃべっていただけだと分かる。つまり二人の目線は合っていなくて、同じ方向を向いているだけなのだ。これは「ああーっ」という感じで裏切られびっくりさせられた。この映画はほかにも実験的な映像が多くて、滝田監督の意欲と才気が伝わってくる。
 『変態家族 兄貴の嫁さん』は周防正行監督の作品で、全体が小津安二郎監督スタイルのパロディになっている。冒頭の筆文字で書かれるスタッフ紹介もそうだし、役・大杉漣さんの「兄貴」の父(70代の老け役を30代の漣さんが演じている)のしゃべり方もそうである。小津監督の映画は私は『東京物語』しか見たことがなくて、分かっていないところもあると思うのだが、それでも充分「うん――ああ……」のような相づち、もう実家に帰っても良いんだよ、という展開など「ははア」て感じで面白かった。女性の撮り方も美しい。
 『白昼女子高生を犯す』は広木隆一監督の作品で、ラストの唐突さがすごかった。青春ものっぽい軽妙な感じもあるけれど、独特の美学が見え隠れして、単純なものにはなっていない。喫茶店のマスターのアパートで、ダンスを踊るシーンは特に楽しかった。
 神戸映画資料館は新長田にあって、鉄人28号の等身大モニュメントも近くで見ることができる。さすがに大きい。広場の真ん中みたいなところに立っていて、子供が近くに自転車を置いたり、幼児がよじ登ろうとしたりもしていて、そういう町と人に溶け込んだ雰囲気はなかなか良かった。あと、駅前に鳩に餌をやらないで、みたいな看板が立っていたんだけれど、看板に「与えるエサ」と書かれて、点が描かれていた。エサなのか。

 読書
 三島由紀夫の『潮騒』を読んでいる。今月中に読み終われると良いなあと思う。『潮騒』、「何を怒っとったんや」「千代子さんのことや」「あほ」「何ともないんやね?」「何ともあらへん」みたいな会話もあるし、普通に恋愛小説なので面白い。けれどミシマを読んでいるという高尚さもあるので最高である。しばらく太宰治の短編を読んでいたせいで余計に思うけれど、三島由紀夫の文章はとてもかっちりして精巧で、すごい。太宰も好きだけれど、三島の文章も好きである。

 そのほか
 6月18日の地震は私のところはディランのCDが落ちたくらいでした。献血に初めて行ったら、A型でRhもプラスという、ザ・普通の結果でした。

 戸川春のコーナー
 献血中、小型テレビのようなものを各自見ることが出来て、お兄さんの隣の人はドラマ、反対の人はテレビショッピングとかだったのですが、お兄さんはデフォルトで競馬中継チャンネルだったので、春は、お兄さんは周りからそういう風に思われているのかなあと思いました。あと、お兄さんは新長田に新快速が停まると勘違いして、明石駅まで乗り過ごしていました。海がきれいだったそうですよ(笑顔)。
 最近、岩田宏さんの詩を読んでいますが、面白いです。
 
 まっかなコートで
 ウインドウの
 まっさおな光を
 体じゅう浴びている
 あのひとがぼくをみつけた

 (「土曜の夜のあいびきの唄」から)

 私はこの詩が好きです。やさしいと一緒に、かなしい感じもして良いですね、それではまた来週!


▶雑文
▶古本
▶BBS メール
▶紹介 【読書記録】 【更新履歴】
▶
Since 2014.1.1
inserted by FC2 system