心斎橋の旅
2016年6月10日
 久々の更新である。それも旅からすぐの更新なのだから、私はしみじみと誠実をかみしめるのであった(意味不明)。

◎「行くまで」
 大阪へ来て二ヶ月ほど経ったが、思ったほど古本屋に通えていない。お金や時間の問題もあるものの、それ以上にけっこう店と店との距離が離れている例が多くて、電車に慣れていない身には大変なのだった。乗り換えもわからないしJRも近鉄も南海も地下鉄もわからない。バスとかを使いこなすといいのかな?


◎「天牛堺書店ekimoなんば店」
  

 なんばウォークを歩いていると偶然店舗を発見。駅構内のお店というのがあってか、メインは新刊書籍で、古本は均一棚中心だった。ジャンルは幅広く、文庫、小説単行本、新書、趣味の本など。大阪で多くの店舗を出す老舗らしく、本がちゃんと古本屋的な品揃えだったのでいいなあ、と感じる

「明治・大正詩集の装丁」 (京都書院) 540円 最後の広告ページに「東京スタイル」が。

◎「美々卯 心斎橋店」
 うどんが食べたかったので向かう。お店とお店が入っているホテル日航がすごく立派で緊張してしまった(小物)。天ざる(冷たいうどん)を食べる。おいしい。うどんはいいですね。


◎「DOMENICA POSTER」
  ▼喫茶店の上の階にお店がある

 偶然通りかかる(またなのか)。映画ポスターの専門店で、洋画のポスターがたくさん並んでいた。私はわりと邦画派であるがまあもちろん洋画も好きなので小さい「タクシードライバー」のポスター? を購入する。格好良いなあ。


◎「ブックオフ大阪心斎橋店」
  ▼人が写らないようにするとこういう構図ばかりに

 お店が縦に伸びていて、地下一階がCD・DVD、一階が本、二階が文庫新書等、三階がコミックという風になっている(記憶違いがありましたらすみません)。まず一階から。特徴は小説単行本で、澁澤龍彦や大江健三郎の「性的人間」などがあった。こういうのをブックオフで見たのは初めてかもしれない。ちょっと意外。二階と三階はブックオフ的な内容。地下一階のCDはかなりヒットだった。

「ワーニャおじさん」 (岩波) 160円 260円を書き込みが少しあるため100円引きで売っていた。
「PARADISE PARK」 (CD) 500円 芳本美代子。
「GAUCHE」 (CD) 500円 南野陽子。おおーこれでナンノのオリジナルアルバムが揃ったのか。
「箱入り娘」 (CD) 500円 中山忍。タイトルが◎。

◎「アランジアロンゾ大阪本店」
  ▼たまらない

 アランジアロンゾの本店が大阪にあると先日教えてもらい、やって来たのだった。かわいい。私が五年間ほど愛用しているパンダのポーチというか筆箱というか、の同じ商品が置いてあって感動する。私のものが経年でだいぶ色が落ちているということも分かった。昔はこんな色だったのか――。
 (ちょっと買い換えようかと思ったが愛着があったしまだまだ使えるのでやめる)。代わりにキーホルダーなど購入。


◎「まんだらけグランドカオス」
  

 お店があるのはアメリカ村で、若者の街というか繁華街というか、独特の雰囲気がある。キャッチの人にお兄さんと呼ばれる。春以外にお兄さんと呼ばれることは普段ないので複雑な感じ。
 一階が玩具(ブリキ、人形、プラモデル、フィギュアほか)と作家別の漫画。特に著名作家の本はまとめられていて、手塚や藤子から大友作品までいろいろ。伊藤潤二の「首つり気球」があって迷うが読んだことはもうあるのでパス。ほかにジャンプやサンデーなどの漫画も一階が中心。
 二階は絶版漫画と、CD・ゲーム、漫画関連のグッズ、書籍(サブカル、オカルト、アート系、あとSF)など。最近は女性アイドル(70~90年代くらい?)系商品も積極的に扱っている様子。これは好みなので棚が充実するとうれしいなあ。絶版漫画はほほーという感じで眺めるが今回は特に買わなかった。
 三階は少女漫画、BL、同人誌(女性向け)など。近ごろ少女漫画に凝っているのでじっくり眺める。ううむ、しかしどこから読めばいいかが難しいな。なにか指針になる本でもそのうち探そう。まだ知らない作家がたくさんある。
 四階は同人誌(男性向け)で今回は行かなかった。

「空におちる」 (河出書房新社) 216円 やまだ紫。解説が佐野洋子だった!
「海街diary 1」 (FC) 162円 吉田秋生。この人も好き。
「イグアナの娘」 (PFC) 324円 タイトルが面白かったのでこれにしたがなかなか深い話。

◎「帰りながら」
 このあと、ジュンク堂書店難波店によって「海街diary」の二巻と「ポーの一族」(復刻版)の一巻を買って帰った。しかしhontoカードを家に忘れてきてしまった。ちぇー。帰りの電車が空いているかと期待したがこれもあんまりだった。都会はいつでも人が多い。

 上にも書いたけれど、少女漫画に興味がわいている。いろいろと読んでいきたい。ところで、いしいひさいちの漫画があまり見つからない。大阪だし結構あるかなあ、と思っていたのだが。バイトくんの古いやつとかないかなあ。探し中て感じです。


[前] [次] [収集の旅] [トップページに戻る]
inserted by FC2 system